余裕、ゆとりを持つことを意識する
「金持ち喧嘩せず」という言葉があるように、経済力のある人は心に余裕を持っています。
キャバクラでお金を持っていない客だと思われないために、気持ちに余裕・ゆとりを持つことを意識するようにしましょう。

時にはボーイやキャバクラ嬢がミスをしてしまうこともあります。
とくにお客さんが増えて場内指名が増えてくると、どのお客さんにどの女の子がついているのかお店側も把握しにくくなったりします。

女の子も疲れて集中力が低下してしまい、つい失礼な態度を取ってしまうことがあるかもしれません。そのような時にどのような態度を取るのかによって、その人の度量がわかります。

態度で印象が変わる

良い印象を与えるには
基本的に心にゆとりを持っているお客さんはミスをしたボーイやキャバクラ嬢を気遣える心の余裕を持っているのであまり怒りません。そのような時に怒ったりせずに余裕のある態度をとることによって、「お金を持っていない客」だとは思われずらくなります。

ミスだけではなく、テーブルに着いてくれている女の子とのコミュニケーションでも同様です。
女の子のちょっとした失言に対して目くじらを立てるのではなく、余裕を持った接し方することによって周囲に余裕のある印象を与えることができるはずです。